ベルヴェット・ニュース 

熱中症を初確認  用賀・ベルヴェット動物病院

IMG_8625

急に暑い日が続いておりますが、皆さん元気ですか?

さて、今季初の熱中症ワンコさんが来院されました。

お散歩から帰ってきてテラスに待機中に倒れたとのことです。

幸い軽症ですみましたが、皆さんも気を付けてください。

犬たちの熱中症は、5月6月がとても発生が多いです。

犬たちは汗をかきませんから、呼吸にて水分を蒸発させ体温調整しています。

元来、寒い地域の生き物ですから熱を逃がさないようなシステムは完備していますが、

熱を逃がすための体内システムが十分ではありません。

特別な犬種(メキシカンへアレスなど)は別ですけど・・・


さらに、ベルヴェット調査では被毛色にも違いがあり、

黒い毛色の犬は白色の毛色の犬に比べて5度も温度差がでます。

これはかなりの温度差なので、被毛色が濃いワンコさんは特に気を付けましょう。

また、待機中の湿度は犬にとってとても重要。

お散歩には必ず水筒を携帯して、あやしいときには背中に掛けちゃいましょう。

濡れTシャツやサマーコートもイイと思います大いに活用してください。


また、湿度が高すぎると水分を体外に放出できず、更に熱中症になりやすくなります。

霧などの日のお散歩などは充分気を付けるか控えたほうが良いかもしれません。

<すー。\(^O^)/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カテゴリ:
2017年05月12日
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ