ベルヴェット・ニュース 

犬の再生医療も進んでいます

前回に引き続き、今回も犬の再生医療!

 

今回は皮膚の再生についてです。

 

本日の症例は、トイプードル君9歳、耳に腫瘍が出来てしまい摘出

 

摘出したのは良いですが腫瘍が大きく皮膚欠損がかなり大きい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■ちょっとグロくて失礼、皮膚が無くなっています

 

耳の皮膚のためフラップ手術(隣接している皮膚を移動してくる)や

 

メッシュ手術(隣接皮膚を整形する)などが出来ません。

 

多の場所からの移植もちょっと大変ですので

 

今回は再生医療材料を用いて、欠損皮膚の再生を選択。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■キズの上には再生のための特殊な薬を入れ人工皮膚で保護

 

所要時間は約一ヶ月、ビックリするほどキレイになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■これで毛が生えたらまったく分かりません。

 

近ごろの再生医療は進んでいま〜す。

 

よかったよかった。

 

\(^O^)/すー。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カテゴリ:
2018年07月15日
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ