症状から探す 

お尻をこする、舐める
考えられる病気
肛門腺が溜まっていたり、肛門腺炎が疑われます。
ご来院に向けての注意
肛門腺を軽く搾ってみます。痛がったり出にくい場合には炎症を起こしていますので大至急受診してください。手遅れになると破裂します。
当院で出来る有効な検査
触診検査の後に排膿処置を施します。状況により局所麻酔などが必要になるかもしれません。
カテゴリ:
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ