症状から探す 

ダニが食いついている
考えられる病気
マダニ刺咬傷
皮膚にマダニが刺咬し吸血している状態です。
ご来院に向けての注意
他にもマダニが付着していないかくまなく調べましょう。
その後ただちに幼ダニの寄生防止のために、ダニの吸着部位を避けてブラッシングします。
ノミ・ダニ予防されている場合には、処置日を確認して有効期間を確認します。
有効期間が過ぎている場合は、フロントラインやネクスガードをお持ちであれば至急追加投与しましょう。
なるべく早くご来院ください。

また、マダニ用ピンセットなどお持ちの場合、使用方法をご存じなのであればマダニ除去をトライされても良いでしょう。
ご自身で除去された場合にはマダニのアゴが皮膚内に残っていないか、十分観察してください。
マダニのアゴが残っている場合には、早めにご来院ください。
当院で出来る有効な検査
特になし
カテゴリ:
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ