院長紹介

院長 鈴木 隆之

院長 鈴木 隆之

ちょっと風変わりな動物病院のホームページへようこそ!
みなさんは動物たちとの対話を楽しんでいらっしゃいますか?

私は子供の頃から動物が大好き。
それが高じて獣医師になりました。

将来の夢は動物たちに囲まれて暮らし、毎日犬の散歩に行くことでした。
そして今では毎日6頭の犬たちと早朝散歩してから一緒に出勤し、共に働き・・・と、とても楽しい犬たちとの生活を満喫しています。
動物たちには私たちと同じく心があり、とてもお話し好きです。
彼らとの対話は飽きることなく、そして永遠に続いていってほしいと願っています。
けれど日々の生活のなかで、色々な疑問やご心配ごとなど、常に生まれることでしょう。
私たちスタッフ一同、みなさまと同じ一人の飼い主として、獣医療だけに留まらず、あらゆる角度から人と動物たちの素晴らしい生活、そして動物たちの心と体をサポートさせて頂こうと考えています。


プロフィール

  • 生年:1967年
  • 干支:ひつじ年
  • 星座:しし座
  • 血液型:O型
  • 出身大学:日本大学(1992年3月卒)

職歴

  1. 1992年 日本大学農獣医学部科 卒業
  2. 1992年 東京北区永井PC勤務
  3. 1993年 日本大学付属家畜病院 勤務
  4. 1994年 日本大学アニマルメディカルセンター 転属
  5. 1996年 日本大学アニマルメディカルセンター 非常勤 転属
  6. 1996年 ベルヴェット動物病院 開院
  7. 2005年 有限会社ベルヴェット 設立

所属学会・研究会・団体など

獣医麻酔外科学会 / 獣医神経病学会 / 獣医画像診断学会 / 獣医臨床病理学研究会 / 獣医行動学研究会 / 日本ペット栄養学会 / 日本獣医リハビリテーション研究会 / 日本警察犬協会(2008年よりHD部副部長就任)


その他の活動など

  1. 1998年 警察犬協会 日本チャンピオン 優勝
  2. 1999年 警察犬協会 日本チャンピオン 優勝
  3. 2001年 警察犬協会 桜花賞訓練競技会 選別部門 優勝
  4. 2002年 警察犬協会 桜花賞訓練競技会 選別部門 準優勝
  5. 2003年 警察犬協会 全日本選手権 選別部門 決勝グループ
  6. 2004年 警察犬協会 全日本選手権 選別部門 決勝グループ
  7. 2008年 IFCSワールチャンピオンシップ 日本代表(アジリティ部門 第2位)
  8. 2009年 OPDESアジリティ全日本 2位
  9. 2009年 USDAAワールドチャンピオンシップinアメリカ スティープルチェイス部門 / アジリティ部門ファイナリスト
  10. 2010年 OPDESアジリティ全日本 総合1位
  11. 2010年 USDAAワールドチャンピオンシップinアメリカ スティープルチェイス部門 第6位 / アジリティ部門ファイナリスト
  12. 2011年 JKCアジリティ日本代表選考会選出 年間総合1位
  13. 2012年 JKCアジリティ日本代表選考会選出 年間総合2位
  14. 2012年 JKC、FCIワールドチャンピオンシップ 日本代表(ミディアムクラス)


 

ハンドリングでペットと信頼を築く世田谷のベルヴェット動物病院の院長が安心の治療をご提供します

予防接種や治療で興奮したり、怯えてしまったりして満足な診療が受けられないペットでお悩みの方、飼い主様もかわいそうなことをしたと思い病院から足が遠のいてしまう、そんな経験をお持ちなら、ぜひ世田谷の当動物病院へご来院ください。
ベルヴェット動物病院の院長はハンドラーとしての専門ノウハウを持ち、治療をはじめ当院でご提供するすべてのサービスにおいて、ハンドリングを応用しています。ワンちゃんの体に触れてコミュニケーションをとり、お互いの信頼を築いて安心して施術を受けられる状態を整えます。
興奮して激しく動いてしまう状態のワンちゃんやネコちゃんを、無理に押さえつけて治療したり、予防接種やトリミングを行ったりすることは危険を伴います。世田谷区で信頼と実績ある当院では院長のハンドリングメソッドに基づき、安心の環境を整えますので、ぜひ心配せずいらしてください。

  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ