症例集

小腸炎、クロストリジウム感染症
犬種:トイ・プードル(♂ 10歳)
症状:季節性の下痢、嘔吐
検査:糞便検査

暑い日が続くと犬たちも体力が低下し、見た目は元気だけど下痢や嘔吐が突然発生なんてことがあります。
本日ご来院のT・プードルくん10才も昨日から突然の嘔吐と下痢。

昨日より明るい下痢が始まり、次いで嘔吐が発生。
特に日常は変わったことがなく、朝7時前のお散歩と夜7時過ぎのトイレ出し以外はクーラー生活で食餌も変わったものがなく、ドッグフードにお肉とお野菜煮たものを少々。
昨年の履歴から、昨年もちょうど夏7月に同じ症状を発症しています。
糞便検査ではクロストリジウム菌感染症が疑われました。

過去の病歴を確認すると、どうやら昨年の7月にも同様の症状を発症しています。
より詳しくお話をお伺いすると、毎朝の散歩で近所に畑があり、そこのおじさんが夏になると毎朝キュウリをくれるとのこと、このプードル君もキュウリが大好き、その場で一かけもらってお散歩から帰るとのこと。

夏場になるとキュウリが出来る

おじさんから毎朝もらう

毎日少しずつお腹が弱る

お腹の抵抗力が徐々に低下

夏の暑い状態で悪い菌がお腹に侵入

抵抗力がないので最近に負ける

細菌性腸炎が発生し下痢発生

腸炎が悪化し嘔吐発生

という流れのようです。

犬は生野菜がNG(消化できません)です。
好きだからという場合には、たまに多少あげるのは構いませんが、毎日は厳しいですね。
毎日の場合には必ず煮るなど加工して与える必要があります。
人間と犬の消化機能はまったく違いますので注意しましょう。

なかには『うちの子は大丈夫、毎日食べてるワ』なんてコもいるでしょうが、それはトラブルになっていないだけ、便などにはハッキリとあらわれていませんが、消化管には負担となっています。
ですので野菜は『生』はNG。
しっかり火を通して指でペーストに出来るくらいにしましょう。
ギャラリー
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ