症状から探す 

関節以外のところが腫れている
考えられる病気
急に腫れた場合には打撲などの外傷による筋肉の腫れや、細菌性や昆虫の刺咬傷による皮膚炎などからの腫れ。
ゆっくり腫れてきたのであれば骨や周辺組織の腫瘍などが疑われます。
ご来院に向けての注意
急性でも慢性でも外傷などがあれば流水できれいに洗浄します。
その後患部に熱間があれば濡らしたタオルなどで患部を冷却しましょう。
慢性経過の場合にはなるべく触らないようにして来院してください。
当院で出来る有効な検査
レントゲン検査、細胞診検査、超音波検査、病理組織検査(バイオプシー検査)。
カテゴリ:
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ