症状から探す 

脚を持ち上げている
考えられる病気
まず、足自体の痛みがある場合に足を持ち上げます。
足自体の痛みの場合は各関節や腱、筋肉、爪、肉球に障害がある場合です。
特殊な例として足以外の部位で、腰に痛みがある場合にも足を持ち上げる場合があります。

腰の場合には足を伸ばすことが出来ないので、立つ位置も少し頭側によります。
この場合お散歩などでスキップしているような歩き方をすることがあります。
ご来院に向けての注意
突然足を持ち上げてまったく地面に足を下ろすことが出来ない場合には、まず30分程度ケージレスト(ケージに入れて強制的に動きを制限する)をして下さい。
この処置で症状がなくなればその後は様子を見て良いでしょう。
ケージレスト30分をしても改善しない場合はただちに受診をおすすめします。

また、足の持ち上げがたまに出る場合も、急ぎませんがなるべく早めに受診をしていただくと良いでしょう。
当院で出来る有効な検査
十分な触診と稟告、そしてレントゲン検査を実施します。
筋肉や腱のトラブルの場合にはハンドセラピーが有効でしょう。
カテゴリ:
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ