症状から探す 

歩き方がフラつく
考えられる病気
『モンローウォーク』などで有名な股関節疾患など、足の関節障害や腰部の筋肉障害。

それ以外では脳や神経疾患でも十分な神経活動が出来ずにフラつきます。
また、心臓病や重度の肺炎、貧血時にも発症します。

他には食餌が十分にとられていなかったり、フードの相性が悪い、食餌性のアレルギーを慢性的に起こしている際の栄養不良でもフラつきは現れます。
また特殊な例として、ワクチンによる副作用や重度のアレルギー症状の一つとしても認められることがあります。
ご来院に向けての注意
関節疾患や神経疾患時には行動制限をして興奮させないようにした方が良いので、ケージレスト(ケージに入れて強制的に休ませる)をしていただくと良いでしょう。
食餌・フードなどが関与している場合がありますので、ご来院の際には現在使用中のフードのラベルや銘柄、内容成分をメモしていただくと助かります。

なるべく早めに受診していただくと良いでしょう。
特にアレルギー疾患やワクチンによる副作用など心当たりのある場合には至急ご連絡いただいた方が良いでしょう。
当院で出来る有効な検査
まず十分な触診と稟告がとても重要になります。
そして血液検査、レントゲン検査、神経学的検査を実施します。
カテゴリ:
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ