ベルヴェット・ニュース 

夜の散歩は禁止〜!     動物病院 ベルヴェット 用賀 砧

さて冬至も過ぎ、用賀・砧でも日の出の時間がすこしずつ早くなりますね。

お天道様との勝負に勝つのは、気分が良いのですが

暗い中のお散歩は、今一ノリが悪くて気分が上がりませんね。

 

おまけに寒し(寒いのは苦手っす)・・・・・

img_1097

早朝、午前5:30。手前の黒いのは紅椿さん、

向こうに見えるは、まだお月様でございまーす。

 

先日、患者さんと「お散歩の時間」についてのお話になりました。

何でその話になったかというと、まず自律神経がらみの疾患の発生が多く

(ドライアイや外耳炎、胃腸疾患など炎症性疾患)

さらに、朝ご飯の食いつきが弱く、

午前10時すぎないとゴハンを食べきらないという事でした。

 

犬は早朝型の生き物なので、

生活リズム(神経活動やホルモン分泌時間)を考慮すると

早朝お散歩がGOOD!  同じ暗くても夜の時間帯のお散歩はNGです。

 

とくにお仕事終わってからの散歩の方がいらっしゃいますが、

病気などがあったり何らかの問題がある場合はとくに、

僕からご指導させて頂く場合には、夜19時以降のお散歩は中止して頂いてます。

その場合には、朝しっかり散歩に行って夜は無くても良いとしています。

 

夕方日が落ちてから、夜間19〜20時以降に運動など活動させる場合、

いざ帰宅して休憩・食餌して・・・なんてスケジュールだと

犬たちの身体が休む状態に入るのは23〜01時頃になりますので

まずしっかり休むことができていません。

とくにドッグフード食のワンコさんの場合には、

胃を通過するまでに6〜8時間という報告が出ています。

 

今まで何例かあった転院の患者さんのおはなしですが、

外耳炎や尿石症などの簡単な疾患がまったく治らず、

動物病院を転々としている方がこられて、ベルヴェットで6病院めだそうで

お話をうかがってみると、どうも夜遅くに帰宅されて、それからお散歩

ということでしたので、まずお散歩の時間を朝方に変更して、

夕方は日が落ちたら出ないようにして頂いたところ2週間ほどで尿結晶は消失

依頼でなくなったまま維持されています。

 

そんな感じで、夜のお散歩はおトイレ程度にして頂いた方が

犬たちの身体のためには良いでしょう。

それから1回のお散歩時間は最低で45分以上が望ましいですよ〜!

では★

 

★すー。(。◠‿◠。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カテゴリ:
2016年12月28日
  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ