ベルヴェット・ニュース 

久しぶりにマルチの仔犬ちゃん 用賀の動物病院ベルヴェット

久しぶりに、マルチーズの仔犬ちゃん登場

さて、こちらの飼い主さんは、

先代のマルチーズちゃんが老衰にて旅立ってしまって

跡継ぎにきたチビちゃんでーす。ただいま生後2ヶ月。

やっぱり3ポチは可愛いですね〜(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

んー、なんだこりゃ?って感じですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生後2ヶ月というと、まだまだ寛容期(生後4ヶ月までです)
何でも興味をもって近寄ってきます。
さて、飼い主さんには、仔犬ちゃんを迎える前から
犬語のトレーニングに来ていいただいていますので
少しずつ頑張ってもらいましょう。
まずは2ヶ月以内に延べ100人の人間と接触が宿題ですね!
<すー。 …(。◠‿◠。)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月16日
犬の目がショボショボします。目蓋のウラに・・・

お散歩から帰ってきたら、急に目がショボショボして〜

目が開かなくなっちゃいました。。。と急患です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、急患はフラットコーテッド・レトリバーちゃんですが

彼らは訓練性能がとても高く活動的

とくにレトリーバーですから、探索のために茂みに好んで入っていきます。

今朝もお散歩を楽しんでいたのですが、

帰宅後しばらくしたら目が開かなくなったとのことで来院されました。

 

さて、眼の検査をしてみると、角膜の染色検査で問題あり!

中心部がかなり広範囲に染色されました。(下写真矢印)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

染色されているところは、角膜が剥がれ落ちているところです。

これだけの面積が傷ついていれば、かなり痛いですね〜。

 

どーも、おかしいなぁ〜・・・・と第六感が、

痛みが、この角膜損傷の程度よりヒドイ感じがしたので

点眼麻酔(眼だけの局所麻酔)をして、

さらに第三眼瞼(瞬膜)※のウラまで深く検査してみると

じゃ〜ん!  発見しました。やーぱりネ。

第三眼瞼のウラに棘が、かなりしっかり刺さっていました。(写真)

※第三眼瞼:別名、瞬膜。犬は3つめの目蓋が内側にあるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長さにして4〜5mm程度のトゲです。

これが痛くて、自分で取り除こうとしたのでしょう。

前肢でこすったり、タオルやベットに眼をこすりつけているうちに

角膜を広範囲に傷つけてしまったのでしょうね。

 

さて本犬は、エリザベスカラーを装着されて点眼処置で終了。

犬猫たちは、たいていの場合は自損傷で眼の傷を悪化させます。

眼がおかしいときには、原因がハッキリしない限り

速やかにエリザベスカラーなどをして予防策をとりましょうね〜。

 

<すー。   ∩`・◇・)ハイッ!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月09日
無麻酔で目蓋や皮膚などの腫瘍を除去

今日はクライオ・サージェリーのおはなし

「クライオ・サージェリー」とは凍結手術のことですが、

液体窒素で腫瘍などを凍らせ細胞壊死を起こさせる手術、

ようは小型の腫瘍などを、凍らせてやっつける手術のことです。

今日は目蓋(まぶた)にできた、マイボーム腺腫手術の写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

液体窒素処置、直後(白いところが凍ってます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐに氷が溶けていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

氷が無くなると、赤く充血、この後2週間程度でポロリ!

この手術の良い点は、麻酔を使わない、無麻酔と言うことですね。

あまりにも元気なワンコさんは、ちょっと難しいですが・・・・・(汗)

まずほとんどのワンコさんは、大人しくしてくれています。

 

ちなみに目蓋(眼瞼)にデキモノがあるとこの写真のように

結膜炎を起こし、最悪角膜も傷つけてしまいますので、

気になるものがあるときには、早めに対応しましょう。

モノが小さいほど効果的でーす。

 

<by すー。     ナイス ( ̄一* ̄)b

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月08日
速報・JKC東京エリア・トリミング競技会で入賞!決勝の出場権獲得

日頃から皆さんから御贔屓にして頂いておりますトリマー・中村ですが・・・

image111

じつは、先日、JKC東京ブロックのトリミング競技会が開催され、

 

当院のトリマー・中村が出場し見事上位入賞、技術賞を受賞しました。

 

おめでとー! パチパチパチ\(^O^)/

 

日々努力していたトレーニングの成果がでましたね〜。

 

このトリミング競技会は年に一回、各地域ブロックごとに予選として開催され、

 

各ブロックの上位入賞者は春(4月)に東京ビッグサイトで開催される

 

本部トリミング競技大会・決勝大会の出場権を獲得します。

 

参照:http://www.jkc.or.jp/modules/events/index.php?content_id=58

 

う〜む、これは春の決勝大会には、

 

ツアーを組んで応援に行かなければなりませんな!(笑)

 

ヨーシ、中村さんガンバレ〜      d(>_< )Good!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月04日
しろ公さまっ! 横須賀2連戦はNG。。。

シロ公さまっ!3度昇格リーチとなり、

望んだ横須賀・ソレイユの丘で行われたアジリティー競技会の2連戦。

気合いを入れた割には、何のことはありません。

惨敗でした(涙)

まあ、そー上手くはいきませんなぁ〜。

それでもこのところ、ややスランプに陥っていた感のある、

チームしろ公さまのハードル拒絶病の原因もハッキリしたようで

なんとかスランプから脱出できたようで一安心。

やはり、ハンドリングに問題があったようでした。

 

一方らいおん君は、着実に進化を遂げておりますね〜。

ユックリですが一歩一歩進んでおります。

今回もかなり酔っ払い運転ですが、何とAG3席入賞の快挙でした。

ラッキー、、、運も実力のうちとしておきましょうね。

 

紅椿さんは、ハンドリングが間に合わず失格つづき

ハンドラーの修理がもっと進むと良いでしょうか?(笑)

では、反省動画をどうぞ!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月03日
平塚から用賀までトリミングでご来院

本日ご紹介は、ミニチュアシュナウザーの男の子

もともとは世田谷にお住まいだったのですが、

神奈川県平塚にお引っ越しされて、

近隣のトリミングハウスや獣医さんに行っていたのですが、

ここ最近、トリマーさんなどとの相性が悪く、どちらに行っても大騒ぎで

トリミングしてもらえないとのこと、よっぽど相性が悪かったのでしょうか?

飼い主さんのお話としては、

こちらの病院なら、とても大人しくしていられると言うことで

わざわざ用賀まで来られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モジャモジャになっちゃってます(笑)

さて、当のシュナウザーくんですが、何のことはありません。

いつもどおり、ものすごくお利口にしてくれます。

この大人しいシュナくんが、トリミングできないほどあばれるというのは

どんな感じなのか想像もつきませんね?

 

・・・っと言う間に終了!

でも、ワンコさんたちとの接し方、難しいのですねー。

っていうか、ベルヴェットでは特に難しいことは無いのですが・・・。

犬のプロだと言っても、犬との接し方は千差万別、雲泥の差があります。

犬たちとの接し方が、もっと均一化されることを望みまーす。

 

< すー。( ̄‐ ̄)んー ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年12月01日

世田谷で人気のベルヴェット動物病院の治療風景や新しいサービスをはじめお役立ち情報をご提供します

世田谷で獣医師によるサポートが受けられる安心のペットホテルで人気の当院のブログでは、新しいサービスのご案内や院内の様子、ハンドリング関連のイベントの模様などをご紹介しております。
ベルヴェット動物病院のご利用をご検討の方にも、当院のことがよく分かる内容となっておりますので、ぜひブログをご覧ください。治療の様子や症例とその対応法などもご確認いただけますので、ワンちゃんや猫ちゃんの不調でお悩みの方もご参照いただき、気になることがあればお早めにご相談ください。
当院は世田谷で土曜日・日曜日も19時まで診療を行っており、お忙しい飼い主様も大切なペットの定期健診や予防接種をしっかり受けることができますので、初めての方もお気軽にご予約ください。

  • ワンちゃんの症状から病気を探す
  • 犬種別傾向とアドバイス
  • 当院のメニュー

ベルヴェット動物病院にご相談ください

通常の診療・検査はもちろんセカンドオピニオン、サードオピニオンとしてのご相談もお受けしています。

tel. 03-3708-1990 アクセス

  • 9:00~12:00/16:00~19:00
  • 火曜日
  • 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
  • 駐車場6台隣接

このページのトップへ